スタッフブログ 2021年5月

すべてのスタッフブログ 2021年5月 全3件中 1件目を表示

スタッフブログ

スタッフブログ

2021年5月23日

ウッドショックと正直な話

設計の飯島です。

ウッドショックという言葉ご存知でしょうか。

最近ではニュースでその言葉を耳にすることも増えてきました。

住宅業界ではホットワードになってきておりますが、何が起きているのでしょか。

やはりコロナウイルスの影響があるようで、世界中で建築の需要が高まっています。

在宅ワークが増加し、都心に住むメリットより郊外へ出て、居住空間を快適にしようという動きが世界の各地で起こっているようです。

特にアメリカが顕著で、郊外への一戸建ての需要が急激に増え、建築が盛んになったことで輸出を減らしているという状況。世界各国で材木の輸入が困難になっている状況です。

また、その輸入に関してもコンテナ不足などの影響によって、輸入の日程の目処がつきにくいということもさらに追い打ちをかけており、材木の流通の目処が立たない材木屋さんが増えて、材木価格の高騰へ繋がっています。

 

ここからは夢ハウスのお話です。

夢ハウスでは自社一貫生産システムで家づくりを一円でも安くご提供できるようにシステムづくりをしています。

通常の住宅づくりでは生産システムを持っていないところがほとんどなので、急に材木店から価格高騰や材料供給の停止が通達されることがあります。

しかし夢ハウスのシステムは自社で買付~製材を行なっているため情報を早く仕入れることができるので、お客様への情報の通達も早く行うことができます。

契約してから家を建てる時期の見通しがつかない!なんてことがないよう、

工場と連携をとりながら家づくりを行っています。

 

ここからは私が思う正直な話です。

各社ハウスメーカーなどは住宅単価の値上げをすることが予定されているようです。

よく『家づくりは今が建てどき!』なんて文言を見てきましたが、なんとなくうさんくさいなーと思っていました。

でも、私が仕事に就いてから見てきた印象ですが、先送りにして価格の面で得をした方はいらっしゃらないように思います。

計画自体をゆっくりとした時間軸で行うことは決して悪いことではありません。時間の許す限り、いろんなことを考える時間は家づくりに必要だと思います。

しかし、計画を後に送ったことでのデメリットをたくさん見てきました。消費税の増税・天災による材料の高騰など一度上がった価格が下がることは少ないです。

だから、お家を施工する側の立場からすると常に『今が建てどき!』なんです。

今ある予算を無駄なく使ってほしい!私はその想いで『家づくりはなるべく早い方が良いですよ』とお伝えするようにしています。

 

これからもお客様の家づくりの不安をひとつでも減らせるように                私の持てる知識と情報でサポートしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

“木の家をつくっています” “自然素材を使った光と風をとりこんだ住宅”               夢ハウスつくばみらい店                                     つくばみらい市紫峰ヶ丘5丁目7-1 TEL:0254-44-8413

↓↓SNSもチェックしてね↓↓

夢ハウスつくばみらい店instagram

夢ハウスつくばみらい店LINEお友達登録

↓↓夢ハウスYoutubeもチェック!TV放映がない地域でもここで見れます!↓↓

夢ハウス公式Youtubeチャンネル

 

 

→ スタッフブログ一覧へ戻る

飯島 実紗

飯島 実紗

設計

夢ハウスの仕事に惚れ込み、地元の横浜を離れ、新潟本社で学んできました。入社10年目の節目の年につくばみらい店へ異動となり、学んできたことを更に発展させていくチャンスだと感じております。 たくさんのお客様との出会いの中で、日々成長させて頂いてます。 初心を忘れずにお客様に寄り添った提案を目指していきます。